純水装置の通販できれいな体にして暮らしませんか?

純水装置とは、水道水からきれいな水を作る装置のことです。

水道水にはH2O以外ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、塩素、炭酸といった陰イオンが含まれています。そのために、研究や実験に使用する際にはこれらの不純物を取り除く必要があり、交換装置で除去するのが純水装置となっています。

00

長年培ってきた水処理の技術をベースに作り上げた、イオン交換樹脂等を用いた純水製造装置を購入されることをオススメいたします。純水装置の使い方、選び方などはお気軽にメール・またはお電話でお尋ねください。

純粋装置の通販はこちらから

タグ

2014年4月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:純水装置

水処理メーカーのプラント・エンジニアリングについて

水処理メーカーのプラント・エンジニアリングの中の資源化システムは、廃棄物処理時のエネルギーを再資源化することで循環型社会を支えているシステムであり、その中にはメタン発酵システム・コンポストシステム・助燃剤化システムなどといった数多くの資源化システムが存在します。

水処理メーカーのこれらのシステムについて説明していくと、メタン発酵システムとは、従来のし尿処理技術と資源化技術としての高温メタン発酵を組み合わせた汚泥再生処理センター対応システムのことであり、電気エネルギーや熱エネルギーとして有効活用するために、高濃度有機性廃棄物の処理時に発生するメタンガスを回収・再資源化しています。

次にコンポストシステムとは、汚泥再生処理センターで発生する脱水汚泥などの有機性廃棄物を、微生物によって分解させて堆肥化させるシステムのことをいい、これによって生成された堆肥は、分解時の発酵熱により病原菌・寄生虫卵などが不活性化しているので衛生的に取り扱うことができます。

このように水処理メーカーは先端技術を用いて水処理事業をはじめとした環境ビジネスを行っています。

タグ

バッテリー液が減ってきた時に精製水を!

長い間くるまに乗っていると段々バッテリー液が減ってきます。

そうなると精製水をバッテリーの中に入れるのですが、
なぜそんな事をするのか疑問に持つ方もいると思います。

水で発電しているのかと思うかもしれませんが、
実際は内部の化学物質が反応し発電しているだけで水自体が発電しているわけではないです。

00

バッテリーに精製水を入れるのは発電をすると熱が発生するので、

その分水分が飛んでしまいますから補うために精製水を入れます。

 

普通に考えると車にガソリンを入れて走りますから、

エネルギーを追加しないと動かないのではと考えます。

 

しかしバッテリー内部の化学物質は安定しており、

何らかの物質を追加する必要はなく水分を補給すれば大丈夫です。

 

バッテリーの原理は蓄電池と同じで例えば充電式の髭剃りは電池を変えなくても動きますけど、それと同じように電力させ供給すれば長時間使えるので水分蒸発に気をつければ問題はないです。精製水を補給しただけで良いといわれると違和感を持ちますが、水を補給するだけで十分です。

バッテリー精製水はこちら

タグ

このページの先頭へ

ポンプや精製水など水処理専門の通販サイト 水処理用品.com! エバラポンプやkitzのバルブ類等、水処理用の機器類や消耗品の通販サイトのブログです