水処理メーカーのプラント・エンジニアリングについて

水処理メーカーのプラント・エンジニアリングの中の資源化システムは、廃棄物処理時のエネルギーを再資源化することで循環型社会を支えているシステムであり、その中にはメタン発酵システム・コンポストシステム・助燃剤化システムなどといった数多くの資源化システムが存在します。

水処理メーカーのこれらのシステムについて説明していくと、メタン発酵システムとは、従来のし尿処理技術と資源化技術としての高温メタン発酵を組み合わせた汚泥再生処理センター対応システムのことであり、電気エネルギーや熱エネルギーとして有効活用するために、高濃度有機性廃棄物の処理時に発生するメタンガスを回収・再資源化しています。

次にコンポストシステムとは、汚泥再生処理センターで発生する脱水汚泥などの有機性廃棄物を、微生物によって分解させて堆肥化させるシステムのことをいい、これによって生成された堆肥は、分解時の発酵熱により病原菌・寄生虫卵などが不活性化しているので衛生的に取り扱うことができます。

このように水処理メーカーは先端技術を用いて水処理事業をはじめとした環境ビジネスを行っています。

タグ

このページの先頭へ

ポンプや精製水など水処理専門の通販サイト 水処理用品.com! エバラポンプやkitzのバルブ類等、水処理用の機器類や消耗品の通販サイトのブログです